HOME>記事一覧>適正価格を確認して購入しておくことが大切

目次

銘柄と値段

ワインの値段はピンキリで買取れないものから一本数万円まであります。まずは、それぞれの銘柄を確認しておきましょう。同じ年代のものでも銘柄によって値段が違ってきます。しかも、お店によって安く買いたたかれしまう場合があります。どうせなら、高く買取ってほしいならワインの専門買取店を選ぶべきです。ワインの知識のないお店では価値が分からず、場合によっては買取を拒否することもあります。まずは銘柄を確認しておくことが大切です。

保管も重要

ワインを高く買取ってほしいなら保管にも気を配るべきです。保管状態によっては高く購入したものも安く買取られてしまうからです。場合によっては値段もつけられないものもあるかもしれません。査定を受けるといってもワインの場合は中身を確認することはできません。だからこそ余計に保管場所にも気をつけなくてはいけません。

年代物に気をつけて

ワインは熟成すればするほど美味しくなります。何故なら、ワインには賞味期限がないからです。しかも、ワインは瓶につめても熟成が進みます。ワインの買取の場合は年代にも気を配りましょう。年代によってはワインの価格も変動することがあります。

個人売買やオークション

ワインの買取を考えているなら個人売買やオークションがおすすめです。ワインの専門店もあるけれど、個人売買やオークションの方が高く買取ってもらえる場合があるからです。とはいえ、オークションでも相場を超えるワインはなかなか出ないと言われています。理由は古い酒は相場が分かりにくいからです。

広告募集中